気ままなyowakazeのブログ

税理士試験合格までの記録。その他知識などを投稿します。(勉強・税法・経営8割、その他2割)

簿記〜実はそんなに難しくない!〜

皆さんこんにちは、yowakazeです。

 

本日は簿記に関する話です!

 

簿記を始めた頃は難しいと思います。

高校生で始めて簿記に触れた時何が何だかさっぱりわかりませんでした。

 

実務を始めて3年…いろいろとわかり始めた時期なので簿記を始めて間もない方、経理を始めて間もない方のご参考になれば幸いです!

 

 

 

 

簿記ってなに?

 

簿記とはルールに従ってお金の流れを記録するものです。

身近なものは家計簿です。

 

個人で考えると…

お金をもらった(給料やお小遣い)、お金を払った(食費や趣味)などです。

 

これを会社にすると…

お金をもらった(売上)、お金を払った(仕入や経費)などです。

 

これらを一定のルールに従って記録していきます。

 

もし、ルールが無かったら…どうでしょう?

 

何にかかる費用を払ったか見返してもわからない。

 

銀行から借りるにしろ、投資家から出資してもらうにしろ、過去や現状を説明できなければ誰もお金を出してくれません。

 

そのため、誰が見てもわかるように一定のルールを設け、現状に合う処理をしていきます。

 

 

簿記は理系?文系?

 

簿記は理系の方が得意とよく聞くと思います。

※便宜上数字が得意な方を理系、文章が得意な方を文系とします。

 

個人的にはどちらでもあまり変わらないと思います。

むしろ慣れてくると文系の方がやや得意だと思います。

 

と言うのが試験だと問題文、実務だと税法に沿って回答、処理をするので文章を読み間違えると全く違う事をします。

 

ですので、数字や文字を見るだけで眠くなる(いわゆるアレルギーみたいな反応)がなければそこまで差はありません。

 

まずは簿記を楽しんでください♪( ´▽`)

 

 

迷った時は分解に限る!

 

仕訳で迷った場合は最初に仕訳の完成形を考えるのではなく文章に従ってひとつひとつ仕訳を紐解きます。

 

例えば…100の商品を仕入れ代金は翌月末に支払った。仕入のうち30は従業員に対するものを代わり支払った。また、10の手数料を支払った。

 

完成形

購入時

仕入高                     70       買掛金              100

立替金                     30

 

支払時

買掛金                   100       現預金              110

支払手数料              10

 

文章から紐解いていくと

仕入高                    100     買掛金                100

立替金                      30     仕入高                  30

買掛金                    100     現預金                100

支払手数料               10     現預金                  10

 

時間はかかりますがひとつひとつ丁寧にすると解けない問題はほとんどありません。

試験になると稀に引っかけ問題などがありますが丁寧にすれば引っかからないと思います。

慣れてきた頃によくやるパターンなので慣れてきた方は今一度ご注意ください>_<

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

試験になると時間の関係で落ち着いて考えることが難しいとは思いますがそんな場合は解ける問題からやりましょう!

出題形式は決まっているので何度か過去問を解くとペース配分などわかってくると思います。

今後もいろいろ情報をお伝えできればと思いますので何かご参考になれば幸いです!

 

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました!

 

それでは次回の記事でお会いしましょう!