気ままなyowakazeのブログ

税理士試験合格までの記録。その他知識などを投稿します。(勉強・税法・経営8割、その他2割)

ブレスレットについて

皆さんこんにちは、yowakazeです。

 

 本日はブレスレット制作や日々の管理で考えていることや気を付けていることをご紹介します(*‘∀‘)

 

新しい自分だけのブレスレットが欲しい時や手入れなど何かご参考になれば幸いです!

 

それでは本日も張り切っていきましょう!

 

 

 

ブレスレット制作

 

  1. 制作の目的
  2. 意味や色味などから使用する天然石を調べる

  3.  現地で確認

 

まずはどのようなブレスレットを作るか考えます。

  • ふらっとお店によってみたら欲しい天然石があった
  • ネットで欲しい天然石が見つかった
  • 最近の悩み

 月に何度かお店に行き、最近入荷したものを確認や天然石の状態(同じ天然石でも時期によって大きく差が出ることがあるので)を店員さんに確認します。

 

いろいろなサイトから天然石を調べて今欲しいと思うものをピックアップします。ピックアップをお店にあるか確認します。ない場合は他の店舗に行くか店員さんに聞きます。注文できるお店もあるのでそのお店を行きつけにするいいと思います(^^♪

 

首や肩がこる、直近で受験があるなどいろいろな悩みをメモしておく。おすすめは日記です。(不安を解消するテクニックのひとつです。時間があれば後日紹介します。)

 

 

欲しい天然石が決まるとその天然石を軸として他に使用する天然石をピックアップします。

 

意味や色味からピックアップするのが一般的だと思います。あとは入れる個数です。入れる個数によって他の天然石と同調など意味合いが変わってきます。(後日ご紹介します。)

 

実際に見たり、つけてみると思っていたのと違うことはよくありますので多めに(目安は使用する天然石の種類のプラス3~5種類)ピックアップします。稀にそもそもビーズ加工されていない天然石もありますのでご注意ください。

 

 

ここまで行えばあとは実際に買いに行きましょう!

 

サイズ感の調整や天然石のサイズなどを確認し、試着して最後の調整をします。

何かすっきりしない場合は後日購入することをおすすめします。(面倒だと思いますが…)理由は何かすっきりしないこの違和感です。この感覚は大切にしてください。天然石は合う合わないがはっきりとしています。もっと言えば日によって合う合わないもあります。合わない物は精神面に悪影響を及ぼす場合があるので主軸以外の天然石を変えるなど調整をします。それでも違和感がある場合は思い切って買うのをやめましょう。

 

僕も20%~30%の確率で買うのをやめます。この数字が高いのか低いのかわかりませんが違和感を大切にしていますので最終的には直感に委ねています。

どのような天然石を選ぶようにしているかは天然石を入れる個数と合わせて後日ご紹介します。

 

 

手入れの方法

手入れの方法はいろいろあります。

 

水晶、流水、日光浴、音、セージなどありますが特徴に合わせて方法を変えるのが一番望ましいと思いますが僕は水晶(ヒマラヤ水晶のチップ)と流水をしています。

 

  1. クリアケースで保管
  2. 毎日手入れできる

 

クリアケースに入れて視覚も楽しめるようにしています。箱の中にしまっていた時期もありますが入れ忘れが僕の場合は入れ忘れが非常に多かったです。クリアケースにすると置いていないのが一目でわかりますので置いていないのを思い出して置くようになりました。揃っていると気持ちいいので(^^♪

流水はブレスレットをばらした時に行っています。

 

何より楽だからです。たまに手入れするより毎日手入れする方がいいと思ます。

 

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか。ご紹介した方法で自作するようになってからひとつあたりの時間がかなり増えました。(ひとつあたり30時間~50時間。)手間はかかりますがその分ブレスレットを大切にしますのでおすすめです!

 

 

本日もご覧いただきありがとうございました!

それではまた次回の記事でお会いしましょう!