エクセルでアルファベットを自動入力!?

皆さんこんにちは、yowakazeです。

 

本日はエクセルです!

仕事でおなじみのツールですね。いつもこうなったら楽に…と思いながらエクセルを使用しており、時間があれば改良しています。

関数や関数の組み合わせなど便利なものからマニアックなものまでご紹介できればと思っています!

ご参考になれば幸いです(^^♪

お時間のない方、数式の型のみ参考にされる方はアルファベットを自動入力する数式からご覧ください。

 

 

ADDRESS関数

ADDRESS(行番号,列番号,[参照の型],[a1],[シート名])

  • 参照の型
   参照の型        返される参照形式   参照結果例
 1または省略 絶対参照    $A$1
 2 行は絶対参照、列は相対参照    A$1
 3 行は相対参照、列は絶対参照    $A1
 4 相対参照    A1
  • a1
  a1        返される参照形式   参照結果例
 0または省略 R1C1    R1C1
 1 A1    A1

 

   ※ 0は現状使い道がわかりませんでした。詳しい方、教えていただけると

    幸いです。

 

行番号と列番号は必ず指定します。他の参照の型、a1、シート名については省略可能です。省略された場合、1(絶対参照)、1(A1)、空白を返します。

 

使用例

      数式   結果
ADDRESS(1,1,1) $A$1
ADDRESS(1,5,1) E1

 

アルファベットを自動入力する数式

前置きが長くなりましたがここからが本題です。

上記の使用例だと毎回行や列を入力しない限りあまり使えないのと、どうせならアルファベットのみ表示したいですよね(-_-;)

          数式   結果
SUBSTITUTE(ADDRESS(1,ROW(),4,),"1","") A

前提・・・入力セル「A1」

アルファベットを自動入力するにはこのような数式を使用します。

まずADDRESS関数の計算結果はA1となります。そこでSUBSTITUTEで1を””(空白)にすることで数式全体の計算結果はAとなります。

※ SUBSTITUTEは文字を置き換えるする関数です。計算結果を置き換えるときに便利手です。後日紹介します。

下にオートフィルすることを想定していますので横にオートフィルする場合はROW()をCOLUMN()に変更してください。理屈は同じです。こちらも後日紹介します。

 

最後に

 個人的にはこの関数を見つけた時衝撃でした。今までアルファベットをちまちま打っていたのが関数で入力できるようになったのでどこか抜けてないか確認する手間が省けました。

後日ご紹介する予定ですがアルファベットの自動入力、まだ面白いことに使えます。

例えば1~10まで数字があり、1~5までの累計を計算したり、1~6までの累計を計算したい場合に応用できます。

計算結果を表示させない場合はセルを1~5まで範囲選択すると右下に平均、合計、個数が出るのでそちらでご確認いただくのがいいと思います。

ですので次回はかなりマニアックな使用方法です(´・ω・)何かご参考になれば幸いです!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

それでは次回の記事でお会いしましょう!